旅してトボトボ

monpeiが過ぎ去っていく日々をなんとかとどめるための録

パプアニューギニアからの眺め5

12月15日(木)06時起床。7時朝食、ミルクティーとパン。07時30分出発。カフェとイミグレーションへ。すでにひとがならんでいる。紙やノートを置いて順番とりをしている。9時になってもなかなかあかない。9時5分あく。入り口に人が押し寄せ、結局順番関係なく早い者勝ちで番号札をとる。カフェはnew visaの札をとれという。とりあえず言われたとおり札をとる。後でやっぱりextentionの札が必要だと思う、といって説明。僕が2ヵ月のビザを持っていることを知らなかったらしい。何度も話題に上ってたはずなんだけど・・・。何をしにここに来てると思ったんだろう。おそらく、visaそのものがなんなのかよくわからないのだろう。その後、extentionの札をとり待つ。10時半頃、今日はビザ延長の窓口は閉めるという。明日こいと。なぜ閉めてしまうのだろう。最大でも午前中にしかあいてないようなので、朝一番できて交渉するしかないようだ。しょうがないので今日は帰ることに。11時帰宅。洗い物をする。カフェは、映画「アバター」をみている。オベットははえベンソンを遊んでいる。17時過ぎ風呂。風呂に入ってる間にラケルとオベットは買い物へ。ついて行こうと思ってたのに・・・。18時、雨が降り出す。すごい雨。カフェはパラソルを持ってマーケットにラケル達を迎えに行った。20時、ポールもつれ、みんなで帰ってくる。食事の準備をしていると雨のせいで停電。ローソクとライトの光でごはんをつくり、食べる。カレー、トマトスープ、チキン、ステーキ?野菜のココナツ煮。カフェがでていった。彼女の無事を確認しに行ったらしい。ポールはビールをのんでいる。飛行機事故でなくなった日本人の人は金を掘りにきていたらしい。21時就寝。

写真はオベット。僕が会ったニューギニア人の子どものなかで一番凶暴で落ち着きが無い。彼はおそらく勉強が嫌いになるだろう。以前日本で家庭教師をした小学校の男の子とよく行動がにている。こっちのほうがより暴力的だけど。怒ると、殴る、ける、箒を振り回す、物を投げる。とにかく思いっきり体を使う。よく僕の部屋にきて暴れていく。客の物でもおかまいなしだ。カフェはよく遊んであげている。というかされるがまま。どこかに行ってしまうこともしばしば。よく家族は彼を探しに行く。とは言え、周りはほぼ知り合いの家なので、安全なのだけど。探しに行くと、近所の人がどこに行ったか教えてくれたり、預かっててくれたりする。

広告を非表示にする