旅してトボトボ

monpeiが過ぎ去っていく日々をなんとかとどめるための録

行ってきます。

まったく更新できてない状態です。今回の更新は、これからの予定についてと、現実逃避のためです。ちょっと今いろいろつまってます。やばいです。

更新できてないけど、忘れてたわけじゃないです。友達とかって、たとえ離れてても、たとえずっと会ってなくても、会った途端に、連絡した途端にやっぱり友達であるということが重要だと思う。人間関係というものは、あやふやなようで、実はそういう普遍性があるのかも。よくもわるくも。めまぐるしく変わものが多い中で、そういう関係性に出会うと少し安心する。

さて。

8月4日からパプアニューギニアに行ってきます。9月29日までです。
ニューギニアの友達や家族も、会った途端にやっぱり友達や家族であるのだろう。楽しみです。

今回は、セーリングカヌーを研究対象に絞りました。
セーリングカヌーは、その名の通りセイルのついたカヌーで、まあトラディッショナルヨットだと思ってください。彼らの現地語では「ワゲ」といいます。
そして、このワゲを使って、遠洋航海をします。一か月ぐらい旅に出たりするんですね。ニューギニアの特にこの地域ではまだわりと日常的に使われていて、モーターボートも使うのだけど、お金が無いから、わりとこっちが主役なんです。


どんな調査をこれでするか、というのが今の課題です。


…という日記を八月出発前に書いて投稿し忘れてました。
無事に帰ってきましたので、その報告はまたのちほど。

広告を非表示にする