旅してトボトボ

monpeiが過ぎ去っていく日々をなんとかとどめるための録

卓球台とは新聞を読むためにあるのだ。

ひたすら新聞を読む日々である。


2紙+夕刊。これがなかなか大変なのだ。

読書スピードが人より遅い僕にとっては大仕事。

やっぱり新聞は比べて読まないとね。

昨年度は一人暮らしで一紙しかとれなかった。

寮の頃はよかった。3紙並べて読んでいたのだ。みんなが食べ終わったあと優雅に卓球台の上で新聞を読む・・・

いや、優雅な感じではないか

新聞はまぁ、いろいろ賛否があるとは思いますが


飯を食いながら新聞を読むのはもはや癖である。しょうがないのだ。

その結果なのか、最初からなのか、僕は食事も読書も鈍足である。

しかも時間があると、ある分だけ読んでしまう。切り抜きもできる。広告のチェックもできる(笑)

そういったことを人の3倍4倍の時間をかけてやっている。

そんな時間の使い方はやっぱり贅沢なのだろうか。それでは社会では生きていけないのだろうか。

僕にとっては大学時代や今でも、十分「忙しい」日々なのだけれど。

広告を非表示にする