旅してトボトボ

monpeiが過ぎ去っていく日々をなんとかとどめるための録

パプアニューギニアからの眺め3

12月12日(月)06時起床。07時朝食(パン)。クロロキン1TA飲む。朝食後みんなで映画「ベイブ」を観ている。ポールは仕事へ。この家は、TVとDVDプレイヤーもある。わりと電化製品がある。他にも、炊飯器や扇風機も。ポールの歳で、家を持ってる人はここでは珍しく、電化製品も他の家にはあまりないらしい。たまに近所の人がテレビをみにきたり、水道を借りにきたりする。お金があるとはいえ、ポールは家の材料を買い揃え、自分でうちを建てたらしい。09時、カフェと銀行へ。PINナンバー(暗証番号)を忘れて、確認しに帰る。ラケルにPINナンバーなんぞ持ち歩くもんじゃないからちゃんと覚えておけと言われる。もっともだ。反省。銀行でお金をおろし、スーパー「STOP&SHOP」でクロロキンを買う。クロロキンはマラリアの薬で、予防にも治療にも使える最もポピュラーな薬。日本では売っていない。1タブレット250g。本には週に300gと書いてあったので、一週間に2回飲むことに。スーパーからカフェと直接タクシーでUPNG(Univercity of Papua Newginia)へ。20K(800円)。バスで行きたかったが、ポールに危ないからと止められた。途中、警察の検問に捕まる。いたるところにポリスがいて検問している。政局が不安定なのが影響しているのだろう(この時期、PNGでは2人の首相が争っていた)。大学に着き、日本人の先生を探す(僕の先生の知り合いがいるかもしれないから訪ねてみろと言われていた)。図書館で聞くと、教授部屋まで案内され、いなかったので、また戻ってくるかもしれないからベンチで待っていろといわれる。待っている時、隣の大学生にMilinbay(行こうと思っていた州)の情報を得ようと、話しかける。あまり上手く話せないのでもたもたしていると人が集まってくる。集まってきた人のなかに、おじがミシマ(Milinbayの東にある島)に住んでいるという女の子がいる。容姿をみると、山地から来た人(ポールたちは山地からきた。体が大きく、肌が黒い。)よりも肌色が薄く、アジア人に近い。貝の装飾品をつけている。聞くと、来週あたりおじは飛行機で首都からミシマに帰るという。彼女の携帯番号を聞き、連絡をとれるようにする。明日、一緒にtownに行ってくれるという(townは、町の名前。JICAの事務所、日本大使館などがあり、一度行ってみようと思っていた)。結局日本人の先生には会えず。カフェにバスで帰るよう頼む。承知してくれた。9番のバスでガーデンヒルまで直通。50t(20円)。大学からガーデンヒルは直通なので、そんなに危険はなさそうだ。カフェに、ポールにはバスを使ったこと内緒にしてくれと頼む。が、帰ったらカフェは早速ポールに教えていた。ポールは苦笑いをしていた。食事。ディナーは毎日豪華。といっても、鶏肉といもなどのシチューがメイン。イモはさつまいもや、ジャガイモ。バナナも。コンソメやココナツミルクと一緒に煮るだけ。アイビッカという、つるむらさきのような野菜もよくでる(後でわかったが、「ハイビスカス」の一種の葉らしい。音がなまってアイビッカに)。ポールに今日は昼食を食べなかったのかと言われる。カフェも何も言わなかったので、ついランチをぬいてしまっていた。カフェは、ついてきて、昼食を食べたり、ビートルナッツや煙草を奢ってもらえればいいようだ。彼は基本的にポールの言うことはよくきく。僕の安全をきちんと確保するよう、ポールに言われているみたい。明日は空港に来て、ビザ延長の金額だけ空港の移民局の人に先に払えと言われる。役所のほうの移民局本部は、あぶないから明日は行くなとのこと。政局に関する裁判の決着が一つつくらしい。就寝。

12月13日(火)
6時起床。7時朝食。ずっと「トム&ジェリー」のDVDがながれている。オベットのお気に入りらしい。9時、準備して空港へ。カフェも一緒に。タクシーで15k。空港に着くと、初日に最初に話しかけてきた空港警備員のクレトゥスがいる。ポールは忙しいみたいなので、空港の中で待つ。ポールがきて、空港の移民局へ。200k払う。昨日の大学生(マイコリン)から今日は会えないとメール。しょうがないので直接townへ。まずJICAを訪ねるも人がおらず。とりあえず、ファーストフード店でカフェと昼食。フライドチキンなど。そして、近くのエラビ―チで散歩。もう一度JICAへ。入口でボランティアにきた日本人たちに会う。二人いるが、二人とも若い。20代前半?社経(高知大の学科)にいるような感じの人。前評判通りである。別の日本人のお客さんがきていて、一緒に食事に行く模様。二人にJICAの人たちはどこにいるのか尋ねると教えてくれた。事務所は一つ奥の部屋にあって、暗証番号がないと入れないみたい。PNGの人たちも、入れないし連絡もとれないから入口でよく立ち往生していた。ボランティアの人に中に案内してもらって、黒木さんという人のところに通される。一通り事情を話す。良い人っぽい。彼は何人か人類学者とつながりがあるらしい。大使館にMilinbayについて詳しい人がいるという。ケータイの番号を教えてもらう。大使館にも行っておけと言われたので一応行くことに。大使館へ行くと、すごいセキュリティー。携帯は入口で預けられ、カフェには中に入れてもらえなかった。30代ぐらいの男性が二人。事情を話すと、困った人がきてどうしようといった感じ。ここに泊まってお世話になってて、これからの計画などを話すと、「ちょっと無理じゃないの」って感じの応対。二人で苦笑いばかりしている。名刺をもらうが、本当に緊急のとき以外はかけるなとのこと。お金で困っても援助できませんと言われる。別にそんなつもりで来たんじゃない。なんだか腹が立ってきた。帰り道、カフェと大使館の文句を言いあう。タクシーで家へ。カフェに煙草とビートルナッツを買う。帰ってきて、子どもたちとトランプで遊ぶ。風呂。ラケルに何か手伝いたいというと、私たちが日本に行った時にいろいろ助けてくれといわれる。ポールは仕事後、飲みに行ったらしいので、カフェ、ラケル、オベットと4人で食事。カレー(カレー粉で、カレーの味にした煮物)、さつまいも、ココナツで煮た白菜。チキン。食後、ポール帰ってくる。「一緒に飲もうぜ」と言われる。家のすぐ下の広場へ行ってみんなで飲む。ガーデンヒルは、町の中腹に広場があって、売店がいくつかある。そのまわりに、学校や教会がある。広場にはいつもたくさん人がいる。この町の人はみんなゴロカという山地の方から移民してきたらしい。飲んでいると、ポールと他の人とが険悪なムードに。ポールがいい仕事をもってるので、みんな嫉妬している人もいるのだとか(後でラケルに説明してもらった)。家に戻ってカフェやラケルと飲みなおすことに。ポールも帰ってきて、すぐ寝てしまった。ラケルとカフェと少し話す。ラケルは、この国の人は酒を飲むと人が変わるから酒は嫌いだという。ポールには日本人の友達がたくさんいるようだ。家にくる人もたまにいるらしい。そのうちの一人が以前、ニューギニアの山地へ金を掘りに行こうとしたが、飛行機事故で亡くなったとのこと。他にも、日本人の家族がきて(日本兵の遺族か?)一緒にホテルで泊まったりもした(普通のPNGの人はホテルは高くて泊まれない)。日本人と知り合って、良い思いも嫌な思いもしているようだ。就寝。

広告を非表示にする